寺院を取り巻くリスクは様々です。
これまで継承されてきた寺院を守り、次世代へ繋いでいくことは大切です。現代の環境の変化に対応できるよう寺院のリスクマネジメントを住職・寺族の方々と共有しながら提案致します。

メールフォームへ 0120539849

 

ひとリスク
その他事業のリスク

契約事例

契約事例の一覧へ

住職の万が一に備える

G寺院は、住職と奥様(寺庭婦人・坊守)、女性の子供が1名の3人家族です。
住職は38歳で、子供も生まれたばかりでした。代表役員を引き継がれたところで右往左往されていましたが、万が一住職が死亡された場合のことを考えてご相談いただきました。

住職の宗派では、代表役員が死亡された場合、新たな代表役員が就任されます。そして、遺族の方は庫裏を出なければなりません。
現時点で住職の奥様は得度されておらず、子供も生まれたばかりです。

庫裏を出た場合にかかる引越し代、新たにかかる住まいの費用、そして生活費の捻出をどうするか心配をされていましたので、収入保障保険にご加入いただきました。

契約内容

契約者:G寺院 / 被保険者:代表役員
保険種類:収入保障保険(非喫煙型)
保険金額:月額20万円
保険期間:65歳まで
払込期間:65歳まで

万が一住職が亡くなられた場合、寺院の会計状況や税制を踏まえて、保険金を月額20万円を毎月受け取るのか、一時金として一括で受け取るのかを選択していただける収入保障保険を選択しました。また、解約をしても保険料は戻ってこないため保険料は安く抑えられました。保険期間65歳の根拠は、年金支給の引き上げになる可能性は高いですが、年金支給の開始と子供が社会人として5年目を想定しています。


住職の病気やケガに備える

F寺院は、住職と奥様(寺庭婦人・坊守)、女性の子供が1名の3人家族です。

生命保険の保障内容を確認させていただくと、終身保険と個人年金保険がメインで医療保険部分が薄く感じられました。
住職の仕事として月参りや法要がありますが、万が一住職が病気やケガで入院・通院した場合、代務として他の住職にお願いをし、代務の謝礼としてお布施を渡されます。

入院費や医療費等の出費が重なるうえに、代務のお布施が更に重なると経済的に圧迫することが考えられました。

契約内容

契約者:F寺院 / 被保険者:代表役員
保険種類:医療保険
保険金額:日額10000円
保険期間:終身
払込期間:10年(短期払い)

払込期間を短期にすることで得られるメリットを説明させていただきました。また、見舞金制度を適用するために「弔意・見舞金規定」を作成しました。


住職退任後の生活資金

E寺院は、住職と奥様(寺庭婦人・坊守)、男性の子供が2名の4人家族で寺院を守っています。住職は45歳。長男は8歳で次期の代表役員後継者の予定です。

住職は、代表役員を退いた後の老後の生活費を心配されていました。宗教法人でも退職金制度を生命保険で運用できる旨の説明をさせていただいたところ、非常に興味を持たれました。そして、退職金制度を終身保険で活用する方法でご加入いただきました。

契約内容

契約者:E寺院 / 被保険者:代表役員
保険種類:終身保険(低解約型)
保険金額:2000万円
保険期間:終身
払込期間:65歳

生命保険は、保障が開始する日から即座に大きな保障が得られます。被保険者が万が一、不慮の事故や病気などで亡くなられても、弔慰金や死亡退職金として、遺族の方が保険金を受け取ることができます。また、勇退退職金を受け取る時に、税制上のメリットとして退職所得控除が適用されます。

住職は65歳~70歳で子供に代表役員を譲るお考えでしたので、退職所得控除で非課税になる退職金額を試算させていただき、寺院の経済的な状況を確認しながら保険金額を設定しました。

そして、退職金制度を採用する際に必要な「役職員退職慰労金(弔慰金)支給規定」を作成しました。
※退職所得控除


参拝者など第三者への保障を付加

火災保険の見直しで寺院に伺いました。D寺院は、200件近くの檀家を持たれて境内も広く中堅規模の寺院です。

代表役員とのヒヤリングと意向確認、そして、現在ご加入の保険を確認させていただくと、檀家や参拝者の第三者に対しての補償に加入さていません。
例えば…
 寺院境内で寺院管理が適切でなかったため、参拝者がケガをした。
 寺院で提供された食事で食中毒事故を起こした。
 境内の古木が倒れて、駐車中の車に損害を与えた。
…などのリスクを補償をする賠償責任保険を提案させていただきました。

契約内容

境内の面積:500㎡
保険金額: 身体・財物ともに5000万円
補償内容: 身体・財物の補償に加え、訴訟や弁護士費用を特約として追加。


電話での問い合わせ先
フォームでの問い合わせ先

事故例

事故例の一覧へ

落雷 被害〜しかし時価だったため補償は実損の半額に

某宗派本山Jの地域でお昼過ぎにかけ、ゲリラ豪雨と 落雷 が発生しました。落雷直後、雷で停電を起こし、本山を管理する自動火災報知設備の基盤が故障しました。付近の寺院でも停電被害が報告されていました。

参考にしたい火災保険情報

消防法の改正により、新たに消防用設備として無線式自動火災報知設備が加わりました。
配線が不要なため、歴史的建造物の外観を損なうことなく本堂と庫裏との火災報知設備を連携させることが可能です。

消防法では防火対象物が指定されていますが、寺院は「非特定防火対象物(11項)」にあたります。また一部重要文化財は寺院であっても「非特定防火対象物(17項)」の防火設備を満たす必要があります。

参考)消防設備ナビ〜(財)日本消防設備安全センター

保険に限らず、多数寺院の実例や経験から様々なアドバイスがあります…お気軽にご相談ください。

補償内容

保険種類:火災保険
補償内容:落雷
保険金請求:自動火災報知機設備

設置されていた自動火災報知機の機種が古く、新しい自動火災報知機を設置されました。火災保険の保険金額を「時価」でご加入されていましたので、新しく設置された報知器の全額をお支払いすることはできませんでしたが、半分以上は保険金をお支払いすることができました。

おすすめしたい記事〜保険金額の「新価」と「時価」について

過去には落雷でこんな事故も起こっています。

2013.12

【伏見区】2013年12月 伏見区の稲荷山にある 伏見稲荷大社 の参道でボヤ 15日午後3時40分ごろ、 伏見稲荷大社 北側の参道脇で「煙が出ている」と、近くにいた人が119番した。樹齢百年の大木の一部を焼いた他、売店付 […]

コメントなし

住職の手元からお位牌が落下

K寺院で檀家の法要中に事故がありました。本堂からお墓に移動後、御位牌を持っていた住職が、お墓に御位牌を置こうしたところ地面に落とされました。

参考にしたい損害賠償情報

福島原発の事故では家財の中でも仏壇などについて損害賠償請求を別枠で行っていました。
その際は、家財そのものだけでなく祭祀費用(開眼・閉眼など)も賠償の範囲でした。
日本人にとって、家財の中でも仏壇・仏具が特別なもので賠償額も高額になる可能性があります。
東京電力〜仏壇の賠償請求について

棚経先で家財や仏壇を破損してしまったら…賠償責任保険を検討してみませんか?

補償内容

保険種類:賠償責任保険
補償内容:財物の賠償
保険金請求:御位牌

御位牌の上部に僅かなキズが見受けられたので、御位牌ということもあり、新しい御位牌に交換することになりました。


歴史的な降雪で雨樋が破損

堂と庫裏の併用住宅I寺院で、積雪による損害でご請求いただきました。

参考にしたい防災情報

 軒下や水際での除雪作業は危険です。建物倒壊事例では、カーポートが雪の重みで傾き、建物に挟まれた死亡事故も起きています。
 慣れない屋根の雪下ろしなどはせず、経験者でも必ず2人以上で行い転落や落雪に備えて作業しましょう。
平成28年度防災白書
消防庁(〜H28.3)今冬の雪による被害状況
内閣府防災情報のページ〜雪害による犠牲者発生の要因

参拝者や周辺住民が本堂の落雪によって境内でケガをしたら…賠償責任保険を検討してみませんか?

補償内容

保険種類:火災保険
補償内容:雪災(20万円フランチャイズ払い)
保険金請求:樋・金具

I寺院から事故報告を受けた数日前には、例年に無い大雪が降りました。庫裏部分の屋根に積もった雪が解けだし、樋が重みに耐えられず全体的に歪みました。


広い敷地を囲む瓦塀への損害

某宗派本山Hの敷地面積は3000㎡で外周は壁で囲われています。

壁ぎわの道路は比較的に広く、挟んで大きな公園もあることから、壁際に路上駐車されることが多々あり、駐車車両は一般車両、営業車、トラックなど多岐に渡ります。

 

補償内容

保険種類:火災保険
補償内容:物体の衝突
保険金請求:瓦

トラックのミラーが寺院の壁の瓦部分に接触したようだと本山Hから事故報告がありました。
確認したところ一部破損が見受けられたので保険金をご請求いただきました。

その後の対応策として、ロープやカラーコーンなどで駐車できないように提案をさせていただきました。


お客様の声

家族の保険もライフエッジ

家族の保険、無料相談。ライフエッジホームページへ